『三島由紀夫論』

9106

『三島由紀夫論』  (9106)

販売価格(税別)
¥2,800
在庫状態 : 在庫有り

文芸評論家 上総英郎著

四六判 288ページ 上製
本体価格:2800円
ISBN4-7845-9106-0
2005年8月刊行

戦後60年―三島由紀夫没後35年・生誕80年― 渾身の三島論が今公刊される。
〈いつも先方においてブリリアントに輝いていた〉三島由紀夫と文学や歌舞伎に ついて語り合った著者が、 〈三島の作品自体を考究の目的〉とした「後にはひけない試論」として三島由紀 夫論を遺した。
三島由紀夫の宇宙観が拓かれてゆく……。

目 次
プロローグ
第一章 タナトスへの虜囚――初期作品より
第二章 罪に先立つ悔恨――『仮面の告白』論
第三章 反日常性の美学――『仮面の告白』以後
「愛の渇き」
『禁色』の架空美
第四章 相対的泥土の底に(反女性的世界の敗北)
――『禁色』と『アポロの杯』『沈める瀧』から『金閣寺』へ
第五章 世界を拒否する顔――『金閣寺』序論
第六章 立ち去ったマドンナ――『金閣寺』について
第七章 永遠に女性なるもの……
第八章 挫折した青春群像
第九章 芸術志向と権力志向

数量