イタリア アシジからの伝言―聖フランシスコとともに歩く

9102

イタリア アシジからの伝言―聖フランシスコとともに歩く  (9102)

販売価格(税別)
¥1,900
在庫状態 : 在庫有り

聖フランシスコ会修道院 小平正寿著

四六判 288ページ 並製
2004年12月刊行

あなたへ贈る今日の言葉の数々——一日一言。
平和を愛する吟遊詩人からのメッセージです。
小鳥と話をしたフランシスコの声が聞こえてきます。
「あなたは決して一人ではないのです」
今疲れている人たちへ、温かく滋味ある励ましの言葉をお届けします。

目  次

プロローグ

1 イタリアに行く――学びのなかにあって

2 聖フランシスコへの断章

3 アシジからの伝言――あなたへ贈る今日の言葉
1 まずは一日一分から憩いの時間をもちましょう
2 人はものでは満たされません
3 狂信主義でない本当の愛を見つけてください
4 ちょっと立ち止まってみませんか
5 執着心をなくし寛大な人になろう
6 人間の美しさは表情にあるのです
7 決して年を取ることのない結婚
8 人間は二度生まれます
9 自分の相手のために空っぽにしましょう
10 「骨髄バンク」こそ本当の銀行です
11 恐れはまともな反応です
12 人間は泡ではありません
13 愛のある人には悲しみはありません
14 挨拶は義務と考えましょう
15 自分のためにだけ生きていませんか
16 わたしたちはみな赤ちゃんです
17 もし実現したいことがあれば、今日から始めよう
18 わずかでもいいから自分のできることをしよう
19 生活に疲れ、世界情勢に悩む現代人へ
20 わたしたちの肺には酸素が必要です
21 この世を去った人々はかわいそうなのでしょうか
22 思いやりをもって言うことを聞いてあげなさい
23 話すということは聞くことです
24 あなたの心の状態はどのようになっていますか
25 「猛犬に注意」の看板を掲げている人
26 文明は消耗によって崩れる
27 もし心を失うならばすべてを失う
28 人生においては各瞬間こそ貴重です
29 穴のあいた水道管では水がよく届かない
30 自分の人生を見たある人の物語
31 もっていないものを与えることはできません
32 濾過紙を通しての人生
33 耳を澄まして聞いてください
34 よく聞く人だけがよく話すことができる
35 幸福の秘訣とはなんでしょうか
36 自分を知るということをしていますか
37 時間は驚くべき贈り物
38 自分自身であることの大切さ
39 絵画は影の部分と光の部分とがあるので美しい
40 失望が人生をはばむことがないように
41 去る者は日々に疎し
42 貧しいか裕福であるかは問題とはならない
43 自分の技を磨こうとしない者は凡庸のまま
44 心の不安と動揺は現代人が負っている傷の一つ
45 年寄りで、何もできないとは考えたくない
46 大自然は人を癒します
47 父の死から想うこと
48 わたしたちの隣人について
49 あなたの夫はあなたが夢見た人とは違いますか
50 若者は、自分を満たしてくれるものを探している
51 あなたは銅像と結婚したのですか
52 飢餓の恐ろしさを想像できますか
53 一人ひとりはかけがえのない存在です
54 一人ひとりはサッカーの選手のようです
55 一〇万円の前にひざまずいて祈れますか
56 信仰は贈り物であって、愛によって成長します
57 わたしたちはみなこわがりです
58 一人旅はときとして危険であり退屈です
59 天国とはどんなところなのでしょう
60 すべての動物たちも言語をもっています
61 人々の心を満たそうとしていますか
62 幸福の秘訣はどこにあるのでしょうか
63 自分を知るための道
64 不安に動揺する現代人
65 人生の法則はただ一つ
66 わたしたちの生と死について
67 大量生産への疑問
68 わたしたちはときどき死んだように生きている
69 祈るときは簡潔に
70 愛するとは自分自身を与えることです
71 人は一〇〇歳になっても小さな子どもです
72 実りある議論を望むなら、相手を尊重しなさい
73 沈黙の声を聞きましょう
74 自由は、人に役立つときに貴重なものとなる
75 人間的な事柄の認識だけでは足りない
76 宗教はアヘンでしょうか
77 祈りたいと思う真心がもう祈りです
78 聖人って抜け目のない人です
79 行動の西洋と静けさの東洋
80 沈黙のもつ偉大な力
81 それぞれの人々は野の畑のようです
82 閉じられた心にあるもの
83 苦しみには理由があります
84 沈黙と孤独から生まれるほんとうの愛
85 わずかなこと
86 人生の秋に
87 過去・現在・未来
88 神よ、わたしに気づかせてください

4 イタリア紀行――アシジの旅

エピローグ

数量