映画で地球を愛したい -マザー・テレサへの誓い

947

映画で地球を愛したい -マザー・テレサへの誓い  (947)

販売価格(税別)
¥1,800
在庫状態 : 在庫僅少

千葉茂樹著

四/六判 並製 272ページ
ISBN4-7845-0947-X
2004年3月刊行

世界で初めてマザー・テレサにカメラを向けた千葉茂樹監督。自らの半生を振り返りつつ、ドキュメンタリー映画として収めてきたマキシミリアン・コルベ神父やダミアン神父、マザー・テレサを始め、日豪の架け橋となったトニー・グリン神父などの働きを映画制作の魅力とともに描き出す。

目次

Ⅰ 映画監督への手紙
拝啓 黒澤明様
拝啓 新藤兼人様
拝啓 吉村公三郎様
拝啓 今村昌平様
拝啓 アンジェイ・ワイダ様

Ⅱ こころの軌跡
「いのちの記憶」──家族のなかで
「敗戦の記録」──私の敗戦記念日
20代の挑戦──シナリオへの道
「修業時代」──撮影所と独立プロ
30代の興奮──こころの山脈
「海外取材の夢」──ノンフィクションへの道
Ⅲ 映画で地球を描きたい
ベルギーの家庭──愛の養子たち
ポーランドの傷跡──アウシュビッツ愛の奇跡
ハワイの悪夢──救ライの聖者
アフリカヘの共感 ──“ねむり病”と闘う日本の獣医さん
日ソ両国の罪──サハリンからの声
Ⅳ 愛のシアター──シナリオ再録と講演記録
シナリオ「マザー・テレサとその世界」
講演「生きることは分かちあうこと」 ──マザー・テレサに学ぶ
製作後日談──マザー・テレサとの約束
シナリオ「豪日に架ける――愛の鉄道」
講演「愛は憎しみを超えられるか」──真の国際交流をめざして
製作後日談――オーストラリアからの贈り物 226
Ⅴ 新藤兼人に学ぶ映画人生──映画で平和を築けるか
対談 新藤兼人
勝目貴久
千葉茂樹
Ⅵ 映像教育学(シネ・リテラシー)の提案──映画は世界市民へのパスポート
あとがき
参考文献
写真提供
作品一覧

数量