第8回 永遠に残れり秋川に

パレスホテル立川で、「同窓会惜別の会」をどのように運営するか式次第を考えながら、私には必ずやりたいことがあった。それは、最後の卒業生である34期生を、会場の皆で送りたいということだ。
彼ら44人は、卒業式に教職員、父母だけの寮歌で見送られた。私達は、在校生450人近くに送られている。
「惜別の会」に壇上に上がったのは34期生全員ではなかったが、制服で参加した彼らに盛大な拍手が送られた。
同窓会会長の矢野耕二氏(2期生)は、「最後に三宅島の生徒の力になれてよかった。この自然と寮生活の思い出を三宅島の生徒たちと共有できたのは幸せです」と語った。
12期生による朝点呼、13期生有志の秋川体操、応援歌斉唱などイベントが続き、「閉会の言葉」で 古谷章君(3期生)が「廃校を決めた者を、ここに呼んで胴上げして、床に叩き落としたい」「過去は美化されがちだが、よかったこと悪かったことを総括すべきだ」と締めくくった。
全寮制高校の失敗が、秋川高校の閉校になったのは事実だが、果たして全寮制教育が失敗だったのだろうか。
私は「開会の言葉で」で「母校はなくなっても、同窓会という母港は残る。錨を降ろしてたまには遊びに来いよ」と呼びかけた。
これからの全寮制高校がいかにあるべきかの理念や教育目標は、それを真に体験し経験を積み重ねた者たちの声を聞いて、掲げられるべきであろう。
それも青春期をそこで過した生徒たちのいつわらざる声を。全寮制秋川高校の真価が問われるのは、実は同窓生たちの今後の生き方そのものにあるのではなかろうか。
「同窓会惜別の会」の最後は、やはり玉成寮寮歌の合唱である。肩を組み、教職員と生徒が声を限りに歌った。
「契りし友と 咲かす花 嵐狂へど 散り舞へど 深き心の あればこそ永遠(とわ)に残れり 秋川に」

惜別の会
追記  (惜しいかな、児玉君は2013年6月1日に逝去されました。)