神とともにある生活-キリスト教典礼の内的風景

9108

神とともにある生活-キリスト教典礼の内的風景  (9108)

販売価格(税別)
¥1,600
在庫状態 : 在庫有り

石井祥裕 著

四六判 224ページ
2005年11月刊行

現代の教会は、人がキリスト者になるプロセス(入信の秘跡)をどのように考え、形づくっているのか、また1年の時の流れ(典礼暦)とともに行われるミサの中で、どのように神を賛美し、信仰の神秘を祝っているのか。内的生活様式の一つの形として、キリスト教生活の具体的な姿を描き出す。

目  次

Part1 入信のミステリー-キリスト者となるプロセス
1 洗礼者ヨハネの記憶
2 イエスの洗礼
3 ドゥラ・エウロポス
4 洗礼準備のプロセス
5 死と復活のドラマの舞台
6 父と子と聖霊のみ名によって
7 幼児洗礼の始まり
8 洗礼の秘跡を授ける儀式へ
9 聖霊を受けるしるし
10 堅信の秘跡の組成
11 統一的理解への回帰
12 そこにあるドラマを

Part2 神の民のまつり-年のめぐりの中で
1 主の降誕 福音の光を告げる祭り
2 主の顕現を祝う日々-お正月の霊性
3 沈黙のセラピー-「ゆっくりミサ」のすすめ
4 四旬節の深みへ- 宗教的世界観の探究
5 せめて、ご復活は……-ミサの中のミサ
6 喜びと明るさ
7 スルスム・コルダ ……心を「天」に向けて
8 聖書の奥行きに触れながら ……神のことばに浸る礼拝
9 噛みしめ、飲み込む ……永遠のいのちのことば
10 神にささげる新しい歌-典礼表現学の必要性
11 神のことばの呼吸-典礼的な言語表現の特質

Part3 展望
1 カトリック教会での典礼奉仕
2 典礼理解の二〇〇〇年
3 信仰の継承-信仰の伝承としての典礼教育

数量