粗末な小舟(カヌー)——ひとは愛することしか残されていない

9122

粗末な小舟(カヌー)——ひとは愛することしか残されていない  (9122)

販売価格(税別)
¥1,600
在庫状態 : 在庫有り

末森英機 著

詩人でありシンガーソングライターでもある著者が、東北の被災地で唄い、神の愛の宣教者会(マニラ)で「神の愛する子」と出会う。唄とその語りかけによって、文化を超えたさまざまな人が友になっていく。カトリックの信者である著者の言葉から編み出される詩とルポルタージュによるポエム・エッセイ。「ああ粗末な小舟だひとは。なにもかもかなぐりすてて、からの椀になる、粗末な小舟(カヌー)だ。」

目次

粗末な小舟

Ⅰ 冬の蜜蜂――救いは外から来る
冬の蜜蜂
愛は愛を呼ぶ――被災地からの贈り物
被災地へのルート――ただ、ただ幸せのみを合い言葉に
かけがえのない愛――福島の三年をめぐって
歌と被災地と福音と
人は歌となって、歌は人となって、さらに旅をする

Ⅱ I AM(ありのまま)でいておくれ
I AM
マニラの神の愛の宣教者会を訪れて――いつくしみの光のプレゼント

み言葉は存在の住み処
――MISSIONARIES OF CHARITY BROTHERS CAVITEでのこと――

Ⅲ マナの壺――CALL&RESPONSE
ごく歌の人間は
あたえ、うばう。
神の導火線
火だねにて
歌う骨
まねびのタッチ
祈り相まつときに
mukui mitumenaba――報い見つめなば――
ごきげんメモリ
スラーでつなげる
幸福な短篇――ヴェロニカの布――
ミサに還る
蜜の切り札
替え歌――『グローリーグローリーハレルヤ』の曲で――
ばかのように心をいためている
神のセンス――世界でいちばん不幸せで、幸せなわたし――
「キスふたつのほうがひとつよりいい」
ミルクの家
しだいに小さくなるみなさん
家なき子のために
ほほえみの百万長者
疑うことなかれ
虹の橋を架ける――心の岸辺にたどり着くために
雪のねらい
吾れは信ず――クレド――
涙のパンの家
「八日後」と「明後日」
罪深く生まれし者、罪深く生まれし者
愚か者の愚かな愛
蛇のしふねん(執念)
バベル着想
男と女――臨終の季節に
とむらいの楽隊
ADSUM「はい、ここにおります」
雪よりも白いからだの妻よ
さればわれ、さばきのあたらしきみこえをばきけり
指紋をまぶして
神の傑作
ミスハル(なめらかに舌を動かす者)
愛なる思惟
愛すべきちみもうりょうたち
愛のコト
パピルスの方舟
愛は狂気
涙のパン
わたしを天国に連れていって
きょうの日の聖の心に希望
あのころかの蜂起通りで
『なぜ?』は、幸福な気がかり
頂上に谷底と
文字をください
ひとつ屋根の下
庭師のいない花園で
かくのごときが
み言葉の小石を
BORN AGAIN

あとがきにかえて
唄とメロディーで生きる    アントニウス・ハルノコー神父

四六判並製224ページ 1600円+税

末森英機(すえもり ひでき)プロフィール
1955年 東京都生まれ。2011年5月から東北被災地の支援活動をつづけ、福島・仮設住宅へ移動中のバスでFr.ダニエレと運命的に出会う。2015年から2年続けてマニラのマザー・テレサの施設へFr.ダニエレを訪ねて奉仕に参加。愛妻家。
詩集に『楽園風』((私家版)、『異邦記』(書肆林檎屋)、『東京新事情』(精興社)、『鬼が花を嗅いでいる』(書肆山田)、『天の猟犬』(れんが書房新社)、『幸福の入り江』(七月堂)、『光の楔、音の礫。』(港の人)など。

数量

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。