カテゴリー別アーカイブ: 生き方

改訂 沖縄・雲に魅せられて

9116

喜屋武貞男 著

四六判 並製
208ページ+カラー口絵8ページ

造型作家・喜屋武貞男氏の初のエッセイ。東京芸術大学美術学部彫刻科から美術教師を経て、造形作家の道を行く喜屋武貞男氏の意欲的な姿は、定年後の人生を歩む人たちへの道標となる。芸術への世界に入るまでの道、美術教師として子どもたちとのかかわり、沖縄をルーツとして活躍される現在のことなど著されている。戦中が少年時代だった喜屋武さんの歩んでこられた道筋により、まさに戦中・戦後の時を記録し、残される作品になっている。沖縄をルーツとして本土で育ち、定年後沖縄にアトリエを持ち、沖縄の雲に魅せられて、レインボー・バリエーションの世界を拓いている喜屋武貞男氏の発想と生き方が21世紀に生きる私たちへ生き方のヒントを与えてくれる。

目次

1 芸大への道
一期一会の大事さからルーツについて考えてみた
太平洋戦争開戦前まで
小学生の頃――南海電鉄の鳳駅ホームで聞いた終戦の日の玉音放送
中学生から高校にかけて
大学受験の頃
高校教師になるまで

2 美術教師として
美術品は市民の目に触れるところへ――柏高校美術科第五レポート集巻頭言
形而上学について――柏高校第六レポート集巻頭言
第二志望から第一志望へ――県立柏高校美術科美術とは何かの巻頭言
美術の授業のことなど
兵隊さん、右向け右
自由と規律

3 造形作家の眼
海からの幻想
「パリの憂鬱」心ひかれる「異邦人」
立体的思考のすすめ
水の記憶
彫刻雑感
地球駅の旅人
人が歩く道について
R・バックミンスター・フラーのこと
T・ヘイエルダールについて

4 沖縄往還
なぜ私は沖縄で絵を描くようになったのか
一族無念の最期を遂げた中城城について
ふるさとを感じた宮古島での詩画展の旅
渡り鳥のような生活に憧れて
アトリエ探しで始まった室川での五年間
首里城屋根の赤瓦を作った奥原崇典氏との交流
南風原町神里のアトリエ時代――神里松三さんの思い出
エイサーまつりに魂がゆさぶられる
室川附近の散歩――三三〇号線と十字路につながるめぐりあい
三線の音はうちなーぐちへの想い
本部御殿手は「脱力」が基本である
雲のたまご

あとがき

 

えいみいの笑顔と元気ことば!

9115

20歳の女の子からあなたに!シンプルに生きるためのメッセージ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

~えいみいからのメッセージ♪~
Twitterでのえいみいのつぶやきが多くの人に元気を与えている理由は?エッセイでも写真集でもない元気のバイブル!特に五感がゆるんじゃった時の必須アイテム。『がんばれ!じゃなく。大丈夫!』生活の中で忘れてしまったこと、置き忘れたものってありますよね。年齢? 関係ないでしょ。楽しく元気に生きないとね。もったいないよ。夕焼けを見ながら、遊んだ懐かしい日々。青い海を見ていて涙が出そうになったことあるはず。お休みの日には、よみがえりの場所と時間を探してみませんか?それもとってもシンプルにね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★永井美佐江(えいみい)プロフィール

神奈川県藤澤市出身
タレント、エッセイ、携帯小説、イラストなどを手がける。
中高生の自分発見のためのワークショップの講師など多彩に活動。
FMレディオ湘南のパーソナリティーやフジサワネット「えいみいの藤沢さんぽ」他、
えいみいのほんわかトークは好評!

銀座バーテンダーからの贈り物

9114

稲田春夫 著

四六判 並製 カラー口絵16ページ+本文272ページ
2008年1月25日刊

銀座・三笠會館BAR5517の[80歳で現役]チーフバーテンダーによる酒のエッセンス。
昭和20~30年代の浅草・銀座の世相が酒場から浮かび上がる。
トリス・バーの時代があった。
「トリスを飲んでHawaii!へ行こう」の時代が 蘇る。
【1971年度IBA・ICC東京大会を紹介】

いのちひきとめたい-自殺、苦しんでいるあなたに

9112

浅野泰巌著

四六判 176ページ

死にたいと思ったことがありますか。
それでもどうか、死なないでください。
その前に私を、訪ねてきてください。
私とあなた、一緒に何かできることがあるは ずです。
人のいのちの終わり、死を弔う僧侶であるか らこそ、いのちを見つめ、苦悩し、死を前に して生に立ちすくんでいる人へ、手を差し伸 べたい。そんな思いを込めたメッセージです。

日本の自殺者数は年間3万人以上。多くは誰にも悩みを打ち明けられず孤独のまま命を絶ち、その陰には悲しみに打ちひしがれる遺族がいる。
著者は、東温市則之内にある安国寺の住職で、10年以上にわたり自殺願望者や遺族と向き合ってきた。自殺は、希望を見いだせない社会を映す鏡であり、誰もが陥る可能性のある深い闇だという信念。そして、死を弔う僧侶だからこそ、死を弔う僧侶だからこそ、死を前に立ちすくむ人へ手を差し伸べたいという思いが切々と語られている。
愛媛新聞2007年1月13日朝刊「くらし欄」家庭ブックス

『生きがいを持てる人生メニューーボランティア活動とネットワーク作り』

9107

野口桂子 著

四六判 192ページ
2005年10月刊行

目  次

まえがき
持続可能な国際協力を追及し、地球の危機に立ち向かう活動家山本敏晴さん(NPO法人宇宙船地球号)
子育て支援の拠点作りから「支え合う地域」を目指す大日向雅美さん(NPO法人あい・ぽーと)
施設の子どもたちにとびっきりの体験をプレゼントする嶋田健児さん(青葉区子どもの会)
長期入院の子どもと家族の日常を地域みんなで支援しようと立ち上がる福田恵美さん(NPO法人こどもプロジェクト代表)
日本の子どもたちに「子ども兵士」のことを伝え続けるジャーナリスト下村靖樹さん(ジャーナリスト)
ブラインド・サッカーの普及に努めるさわやか女性釜本美佐子さん(日本視覚障害者サッカー協会理事)
病児保育の支援組織を通して市民が社会を変革するモデルを提示する駒崎弘樹さん(子どもレスキュー・ネット・フローレンス代表)
スラムの子どもたちのために笑顔で学校を作り続ける早川千晶さん(アフリカに生きる草の根活動家)
アフリカ難民の詩を集めて彼らの叫びを詩集『ママ・カクマ』に結集した石谷敬太さん(青年海外協力隊)
聴覚障害をもつ人たちとの共生の世界を広げる松田治子さん(聴導犬育成の会代表)
音楽と臨床の融合から生まれる「癒しと気づきの世界」を追求する石川泰さん(心理療法士・カウンセリング)
「だいじな言葉は水に聞こう!」をモットーに愛・感謝のメッセージを送る江本勝さん(株式会社I.H.M.代表)
あとがき

子どもの目線 子育ての視線―元幼稚園教諭と大学教授のEメールによる往復書簡

781

小野口博雪&中村正菫 著

四六判
256ページ

子どもの目線に立った子育てをしていますか?やってはいけないことをする、そんな子どもは親の愛に飢えています。そうした時こそ、子どもをぎゅっと抱きしめましょう。子育ての視線とはなんでしょう。迷っているお母さん、お父さんに贈るHiro‐san+Dr.Nakamuraからの熱きメッセージ。