カテゴリー別アーカイブ: お勧め商品

神とともにある生活-キリスト教典礼の内的風景

9108

石井祥裕 著

四六判 224ページ
2005年11月刊行

現代の教会は、人がキリスト者になるプロセス(入信の秘跡)をどのように考え、形づくっているのか、また1年の時の流れ(典礼暦)とともに行われるミサの中で、どのように神を賛美し、信仰の神秘を祝っているのか。内的生活様式の一つの形として、キリスト教生活の具体的な姿を描き出す。

目  次

Part1 入信のミステリー-キリスト者となるプロセス
1 洗礼者ヨハネの記憶
2 イエスの洗礼
3 ドゥラ・エウロポス
4 洗礼準備のプロセス
5 死と復活のドラマの舞台
6 父と子と聖霊のみ名によって
7 幼児洗礼の始まり
8 洗礼の秘跡を授ける儀式へ
9 聖霊を受けるしるし
10 堅信の秘跡の組成
11 統一的理解への回帰
12 そこにあるドラマを

Part2 神の民のまつり-年のめぐりの中で
1 主の降誕 福音の光を告げる祭り
2 主の顕現を祝う日々-お正月の霊性
3 沈黙のセラピー-「ゆっくりミサ」のすすめ
4 四旬節の深みへ- 宗教的世界観の探究
5 せめて、ご復活は……-ミサの中のミサ
6 喜びと明るさ
7 スルスム・コルダ ……心を「天」に向けて
8 聖書の奥行きに触れながら ……神のことばに浸る礼拝
9 噛みしめ、飲み込む ……永遠のいのちのことば
10 神にささげる新しい歌-典礼表現学の必要性
11 神のことばの呼吸-典礼的な言語表現の特質

Part3 展望
1 カトリック教会での典礼奉仕
2 典礼理解の二〇〇〇年
3 信仰の継承-信仰の伝承としての典礼教育

『三島由紀夫論』

9106

文芸評論家 上総英郎著

四六判 288ページ 上製
本体価格:2800円
ISBN4-7845-9106-0
2005年8月刊行

戦後60年―三島由紀夫没後35年・生誕80年― 渾身の三島論が今公刊される。
〈いつも先方においてブリリアントに輝いていた〉三島由紀夫と文学や歌舞伎に ついて語り合った著者が、 〈三島の作品自体を考究の目的〉とした「後にはひけない試論」として三島由紀 夫論を遺した。
三島由紀夫の宇宙観が拓かれてゆく……。

目 次
プロローグ
第一章 タナトスへの虜囚――初期作品より
第二章 罪に先立つ悔恨――『仮面の告白』論
第三章 反日常性の美学――『仮面の告白』以後
「愛の渇き」
『禁色』の架空美
第四章 相対的泥土の底に(反女性的世界の敗北)
――『禁色』と『アポロの杯』『沈める瀧』から『金閣寺』へ
第五章 世界を拒否する顔――『金閣寺』序論
第六章 立ち去ったマドンナ――『金閣寺』について
第七章 永遠に女性なるもの……
第八章 挫折した青春群像
第九章 芸術志向と権力志向

『遠藤周作へのワールド・トリップ』

9104

文芸評論家 上総英郎著

四六判 288ページ 上製

「踏むがいい。おまえの足の痛さをこの私が一番よく知っている」
遠藤周作の名作『沈黙』を評論した「共感と挫折」から、上総英郎(評論家)と遠藤周作(作家)との出会いが始まった。本書は深い洞察のもとに書かれた「遠藤文学への招待」であると同時に、作家に対峙する評論家の一つの姿勢が示されている。
遠藤周作の戦争体験は何を見つめさせたのか——日本におけるキリスト教の文化内開花——を上総英郎の眼が追究する。

目 次
出会いの意味
共感と挫折――『沈黙』について――
日本人のためのイエスの声――『沈黙』の背景と結末の意味
対談 遠藤周作+上総英郎
モーリアック「テレーズ・デスケルウ」と私
カトリシズムと信仰
“祈りに傾く”もの
その人柄について――『ほんとうの私を求めて』
〈悪の遍在〉を凝視する眼
遠藤周作のヒロインたち
遠藤周作へのワールド・トリップ
キリスト教文学の視点から読む遠藤作品
解説   佐藤泰正

映画は光と影のタイムトラベル -映画プログラムの時代

9103

推理作家 加納一朗著

A5判 並製 256ページ

昭和のあの頃 街には映画館があふれていた。
推理作家が少年の時から観つづけた映画でたどる「昭和史」「自分史」

著者は、今日までの映画館の興亡や収集した数知れぬ映画プログラムの中に映画とその時代の息吹を探り、現代の日本に映画は密着しているかという。
敗戦後、闇市(露天商)が路上を埋め尽くしていた銀座界隈で観た映画や映画館のことなどを語る著者の熱が読むものにも強く伝わってくる。
本書に掲載された220点余の希少な映画プログラムの一つひとつから敗戦の頃の日本と日本人の姿が見えてくる。

目次

PART1 フェイド・イン
第八芸術のころ
活動と四人の文士
戦前小屋模様
戦前のプログラム
日の丸プログラム
「禁酒法」「禁煙法?」
戦中映画
十代の夢はロシア町

PART2 ミディアム・ショット
「籠の鳥」を見た
闇市から戦後の終り
一九五〇年代映画事情
こんな映画もあった

PART3 カットバック
興亡映画館-銀座・新宿・浅草・渋谷
哀愁の小屋
日本人に映画は密着しているか

PART4 フェイド・アウト
長谷川一夫と私
早川雪州-再評価されていい国際スター
岩田祐吉-松竹草創期の二枚目スター
峰吟子-時代に消えたスター

エンドタイトル-あとがきに代えて

歌舞伎の魅力

9100

歌舞伎評論家 上総英郎著

四/六判 上製 288ページ
2004年5月刊行

「大きな俳優の名跡の復活はしばしば歌舞伎においては賦活剤となる」
「歌舞伎とは反抗の精神だ!」「権力へのやゆや批判が歌舞伎の魅力を支えてきたと言っても過言ではない」(上総英郎)

これであなたも 歌舞伎通!

これから歌舞伎を見ようと思っている人へ
少し歌舞伎が面白くなってきた人へ
18歳の時から50年に及ぶ歌舞伎鑑賞の結実がここにある。

入門編から歌舞伎の内なる魅力へと誘い、劇評を通して戦後歌舞伎の醍醐味が活写される。

第1章 歌舞伎への招待

第2章 歌舞伎鑑賞への案内——劇評から

第3章 作者と役者

第4章 歌舞伎の未来